怜由の書
ホーム 最新情報 プロフィール 個展作品展揮毫実績 教室・ワークショップ 怜由の和 ブログ リンク お問い合わせ Special Links
WE/B/OOK

携帯サイトの連載や紙面の
記事などはこちらの
『WEB+BOOK』
より
ご覧いただけます !

WOMAN WAVE
密月書
怜由の和

第4回 女子プロレスラー 大向美智子選手 2007年10月

インターネットでryoyuの和☆いよいよ復活です!
第4回目のゲストは、女子プロレスラーの大向美智子選手です。
大向選手、実は怜由の親友だったりします(^-^)
女子プロレスラーと書家なんて意外なつながりですよね。

さてさて、そんな二人からどんなおもしろ話が飛び出すでしょうか!?

(怜由・以下怜)
大向美智子さーん!
「インターネットでryoyuの和」にゲスト出演してくださってありがとうございまーす!

(怜)
いつもは「チャマ」って呼んでるもんね(笑)
女子プロレスラー界で大向選手のアダナは「チャマ」。
そしてリング上では「real egoist大向美智子」ってコールされているんですよ。
ところでさ、私たちが出会ってどんくらい経つのかな?
うーん、ちょうど2年だね!
付き合っていくうちに20年近く前に大好きだった女子プロレスラーが一緒だったことが発覚したんだよね。
それで、その選手にチャマに連れられて2人で会いに行って大盛り上がりしたことあったね。
夢って叶うってその時実感したわぁ〜。
いやぁ、感謝しているよ。

(怜)
あった、あった!(笑)
チャマとはお互い忙しくしているからなかなか会えないけど、時間があいてもそんな感じしないんだよね。
不思議だよ。
だってさ、この人のメールときたら10文字以内で完結なんだもん!
ひどい時には一文字だよ(笑)

(怜)
あー!あれね。それはみなさん、「写経」です。
突然やりたいと言い出したからさ、すごい年末だったけど出張指導して参りましたよ。
その隣で怜由も何だかじゃんじゃんピンと来ちゃって作品書いてたよね(^^;)

(怜)
あたしもあれ好きだよ☆
そういえば、その後にもチャマの本で対談させてもらって、二人で書いてるとこ取材してもらったね。

(怜)
そうだったよぉ。すばりその名も「egoist」!大向選手の代名詞、まんまです(^-^;

タイトル「Egoist」たくさん書いたでしょ〜 こちらがチャマE本「Egoist」の出来上がりぃ〜
タイトル「Egoist」たくさん書いたでしょ〜 こちらがチャマE本「Egoist」の出来上がりぃ〜

(怜)
そんなあなたももうすぐ奥様ね。
大向選手、まもなくミュージシャンの彼のところに嫁ぎます。キャ〜☆ 幸せにね〜

(怜)
怜由は大向選手を見てきて、この人の現実化力のすごさを知っています!
だいたい、憧れをきちんと叶え、リングに立ち、そしてダーリンと運命の出会いを遂げ、挙式の次の日に引退試合をやってしまうこの人、ただ者じゃありませんよ(笑) 今まで、あなたはたくさんの人に夢と希望を与えてきました。
今度は自分が幸せをたくさんもらってね。

(怜)
ここでお知らせです!
そんな現実化の女王、大向美智子選手ファイナルエゴイスト、引退試合が2007年12月9日に開催されます!
東京新宿で大向選手最後のプロレスラブをご堪能あれ!
もちろん怜由も観戦しちゃいます☆しかも最前列シートゲット^^

(怜)
そんなあなたが本当に素敵☆ でもさ、プロレスラー終わっても主婦やりつつ、チャマのそのエネルギーを違った形で世の中に流して欲しいなって思うよ。

(怜)
サンキュー!
ココロあたたかく、願いは叶うパワーでソウルメイトコラボをこれからもしていきましょう☆ とまぁ、いつも熱い二人でした☆

インターネットでryoyuの和、第4回目のゲストは幸せ満載の女子プロレスラー大向美智子選手でしたぁ!拍手〜っ パチパチパチっ♪

大向美智子選手について

超難関である‘全日本女子プロレス’オーディションに合格。1991年に華やかなデビューを飾り、その後数々のタイトルを奪取。常に新しい風を起こし、女子プロレス界をリードする存在として活躍する。1997年にはハイパー・ビジュアル・ファイティング・アルシオンに移籍。

また、アルシオンの象徴として責任ある立場で女子プロ界初のゼネラルマネージャーも務めた。

恵まれたルックスやファッションセンスが話題となり、女子プロレス界ならずTV、映画、写真集の発売、一般紙のグラビアを飾ってきたが、2007年12月、15年間のレスラー生活にピリオド、そして最愛のパートナーとの結婚が決まっている。

詳しくはこちらからアクセス!大向美智子オフィシャルサイト「Egoist」

この対談を無断転記することは堅くお断り致します。
対談につきましては、大向美智子選手に許可を得て掲載しております。
この対談につきましてのお問い合わせ、ご意見、ご感想などは全て「アトリエ怜由」へお送りください。 info@kimuraryoyu.com

Copyright © 2001−2017 kimura ryoyu. All Rights Reserved.